英領ヴァージン諸島(British Virgin Islands or BVI)法人の取締役情報について

英領ヴァージン諸島(British Virgin Islands or BVI)法人の取締役情報について

取締役情報については、これまで登録代理人が管理する取扱いとなっていましたが、2015年改正2016年4月1日に施行された改正法により、すべてのBVI法人は取締役情報を登記所へ提出することが義務付けられました。この規定に反して提出しない会社は職権抹消されているようです。

登記所へ提出する取締役情報は以下のとおりです。
①氏名
②旧氏名(場合による)
③就任日
④退任日
⑤書類送達場所
⑥居住地(⑤以外の場所がある場合)
⑦生年月日
⑧国籍(二重国籍の場合はすべての国籍)
⑨職業
日本と異なり、法人が取締役として就任することも可能ですので、法人取締役の場合は別の規定があります。
これらの取締役情報は、会社自身が公開とするか非公開とするかを選択でき、多くの会社が非公開を選択しているようです。非公開を選択されている会社情報には取締役情報は記載されません。
ただし、適用法令には例外規定がありますので、この例外規定に基づいて請求することが可能な場合があり、これは不動産登記の際に使用する資格証明書として使用することが可能です。


司法書士、弁護士の先生方のアシスタント業務を行っております。詳しくはこちらをご覧ください。
お問合せはこちらのお問合せフォームからお願いします。

関連記事

  1. デラウェア州法人 PROMONTORIA JAPAN HOLDI…
  2. 英領ヴァージン諸島(British Virgin Islands…
  3. アメリカ合衆国ワシントン州の登記簿謄本や役員情報が必要ですか?(…
  4. Google LLCの成りすましによる虚偽登記にどうやって気づい…
  5. デラウェア州法人 MORGAN STANLEY EMERGING…
  6. 外国会社が介在する不動産登記の怖いお話
  7. ハワイの不動産登記情報、ハワイの不動産評価情報について
  8. 香港の会社の登記について

最新コラム

PAGE TOP