デラウェア州法人 MORGAN STANLEY EMERGING MARKETS INC.(モルガン・スタンレー・エマージング・マーケッツ・インク)の抵当権がそのままになっていませんか?

MORGAN STANLEY EMERGING MARKETS INC.(モルガン・スタンレー・エマージング・マーケッツ・インク)へはバブル崩壊後に整理回収機構(RCC)から債権譲渡により抵当権が移転しているようです。同法人に対する債務を完済後、抵当権抹消登記を申請せずにそのままになっていませんか?

MORGAN STANLEY EMERGING MARKETS INC.はデラウェア州法を設立準拠法とするInc.で同法人の登録事項を確認すると、デラウェア州内のRegistered Addressはウィルミントン、Principal Place of Business はニューヨーク州のブロードウェイとして登録されています。
一方で、ニューヨーク州の登記所を確認しても同法人のforeignとしての登録は為されていません。

同法人のデラウェア州会社登録上のステイタスは2020年5月6日現在Good Standingとなっています。つまり、解散せずに存続しています。よって、同法人の抵当権抹消手続では、特別代理人を相手方とする手続きは取れないということになります。

当事務所では、同法人の資格証明書を取得して日本語訳と共に提供しております。また送達先がアメリカになることもあり、訴状の英訳も提供しております。日本の法務局での抵当権抹消登記手続、日本の裁判所での訴訟提起、アメリカへの送達がそれぞれ別個の手続きではなく、一つの関連している手続きであることを理解した上でサービスを提供しております。


お問合せはこちらのお問合せフォームからお願いします。

 

関連記事

  1. デラウェア州法人 PROMONTORIA JAPAN HOLDI…
  2. アメリカ合衆国ワシントン州の登記簿謄本や役員情報が必要ですか?(…
  3. 英領ヴァージン諸島(British Virgin Islands…
  4. シンガポールのCommissioner for Oaths(コミ…
  5. 外国会社・外国人の表記と不動産登記の公示
  6. 英領ヴァージン諸島(British Virgin Islands…
  7. デラウェア州法人NIPPON PORTFOLIO PARTNER…
  8. ワシントン州最高裁判所と登記所(SOS)

最新コラム

PAGE TOP